社員20名以下の会社の経営者必見

会社を成長させるデータ分析ツール

驚くほどの低コストで導入できるのに高機能

低コストで導入できて、高機能な分析ツールをお探しの経営者の方へ

こんな苦労をしてストレスを感じていませんか?

  • 毎月の売上分析や次月見込み、予算作成や会議の資料作りに多大な時間がかかっている
  • システム開発をしたいがコストがかかりすぎる
  • 今頼んでいるシステム会社の対応にイライラする
低コストで導入できて、高機能な分析ツールをお探しの経営者の方へ
  • 汎用のソフトウェアでは自社に合わない
  • システム会社に払う管理費・サポート費などの固定費がもったいない
  • エクセルの管理でファイルが壊れてダメになってしまったことがある

そんなストレスを吹き飛ばします!

BIツールならあなたの会社の弱点を見える化し、問題点を解決することで利益アップのヒントを簡単に手に入れることができます。

導入コストが圧倒的に安い

システム会社に販売管理システムの開発を頼めば100万円単位のお金が必要でしょう。奉行シリーズなど汎用ソフトを導入するにしても導入費用と初期設定費用を合計すれば数十万の出費になります。しかしBIツールなら初期導入費用の15万円のみ。しかも今なら販売開始キャンペーン中です。

ランニングコストが必要ない

BIツールは御社が必要とするデータだけを抽出できるように開発して納品させていただきます。納品後のシステム管理費などのランニングコストは発生しません。

会議資料の作成時間を大幅短縮⇒社員の残業削減

会議資料の作成にExcelやAccessなどを使う場合、人によってはこれらのツールを使いことなすことが難しかったり、集計作業が複雑で間違った分析結果を出すリスクもあります。また会議資料の作成のために遅くまで残業している社員もいるかもしれません。BIツールを使えば今まで資料を作るためのデータ分析に2、3時間かかっていたものを10分程度で終わらせられたという事例もあります。

弊社利用事例を紹介

弊社がBIツールをどう利用し、社員の意識を高め、生産性を向上させたか?弊社の事例を詳しく知りたい方はこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

BIツールは一体何ができる?

経営企画、マーケティングに活かせる

☑ 営業データや財務データの分析に
☑ 広告効果の検証に

経営企画、マーケティングに活かせる

品質管理に活かせる

☑ 不良率の推移を把握し改善のために
☑ 統計的手法で生産を安定・生産性向上へ

品質管理に活かせる

最適な人材活用

☑ スタッフのストレスチェックデータの分析に
☑ 人事考課の資料作成に

最適な人材活用

システム開発をした場合との比較

システム開発の費用相場は実に不明瞭です。

それはプロジェクトごとにかかる工数がまったく違うため仕方がない部分ではあるのですが、たいていの場合、数百万円から一千万円単位の費用になるでしょう。

そして、見積りを出してもらうためのヒアリングだけでも相当な手間がかかります。

しかし、BIツールならそんな手間のかかる打ち合わせは必要ありません。

そして価格も一律です。

BIツール
必要な機能に特化
ランニングコストなし
導入コスト:15万円
システム開発
高機能だが費用がかかる
毎月のシステム管理料が必要
導入コスト:数百万円
市販のソフトウェア
使わないムダな機能もある
バージョンアップで出費あり
導入コスト:数十万円

BIツール利用事例

商品企画会議が活発になった

得意先ごとの受注の細かいデータを確認できるようになったのがいいですね。例えば、ある販売店の売り上げを見る時、ツール導入前は全体の売上高しかわかりませんでしたが、今は店舗ごとアイテムごとの売り上げを細かくチェックできます。地域性などを含めて詳しい分析ができるようになりました。何でこれが急に売れているのか?といった分析を、各自が行えるようになり、商品企画会議も活発になりました。業務もスピードも大幅に早くなりました。

売れ筋商品を徹底的に売ることに成功

ツール導入前は、ベテランバイヤーの勘で商品の仕入れをしていましたが、市場のニーズに本当にマッチしているのかいつも不安でした。しかしツールを導入して「ABC分析」の習慣をつけ、商品を重要度別にランク付けし売れ筋商品や衰退商品を見える化することで、経験則に頼らずに力を入れるべき商品、見切り商品を見つけ、実際の顧客行動に基づいた効果的な対策を練ることができるようになりました。

DM効率が大幅アップ

顧客データが増えてきたことにより、キャンペーン案内など全顧客に行ってきたDMの効率が下がってきていました。ツールを導入して、「Recency(最新購買日)」、「Frequency(購入頻度)」、「Monetary(購入金額)」の3つで顧客をランク分けをするRFM分析をして対象顧客を絞ってDM発送するように切り替えたことで、効果的にDMを発送できるようになりました。

  • 雑貨卸
  • アパレルショップ
  • 健康食品通販ショップ

弊社利用事例を紹介

弊社がBIツールをどう利用し、社員の意識を高め、生産性を向上させたか?弊社の事例を詳しく知りたい方はこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

小規模企業こそデータ分析レベルをあげなければならない3つの理由

1.勘ピューターからの脱却

1.勘ピューターからの脱却

小規模企業であればあるほど、トップの勘や経験に頼って判断が行われる、いわゆる「ワンマン経営」が行われているのではないでしょうか。

もちろん、そのようなトップの勘や経験に頼った経営によって、確かな収益を上げている企業もあるでしょう。

しかし、それでは「当たり」「はずれ」で終わってしまい、実施した施策の経験が会社に蓄積されていかないでしょう。

データ分析ツールを活用することで、過去の実績やリアルタイムの数値から複雑な分析を自動的に行い、次にとるべきアクションが示されます。 「なんとなくこうしてきたから」、「他の人もこうやっているから」といった非論理的な理由から脱却し、数値を基にした論理的な判断をする企業文化が形成されます。

そのようなデータ経営を行うことで、従業員にとっても納得がいく経営になります。

2.時間を有効に使える

2.時間を有効に使える

データの分析にExcelシートを使って、複雑な関数やマクロを駆使しシートを作成するというのは、データを作ったという満足感はあるかもしれません。

しかし会社の成長にとって、重要なのは資料を作成することではありません。

資料を分析して、どのような打ち手を考えるかということが本来の目的のはず。

データの作成自体はきつい言い方をすれば、全く生産性のないムダな時間ということ。

ツールを導入することで、経営者が本来重視すべき戦略立案に投資できる時間が圧倒的に増えることでしょう。

3.スタッフの主体性を引き出し、部門間の情報共有が進む

3.スタッフの主体性を引き出し、部門間の情報共有が進む

BIツール上のデータを現場レベルの従業員にも共有すれば、タイムリーな行動ができるようになります。

閲覧可能なデータの範囲を広げれば、よりタイムリーな行動が現場レベルで可能になったりと、後手に回った対応ではなく、先手を打つ対応が可能になります。

小規模企業の場合、部門ごとに(個人ごとに)異なる方法でデータが収集されていたり、互いに参照が簡単にできない場合も多いようです。

これでは情報の共有はスムーズに進みません。

そこにBIツールを導入して、フォーマットを統一することで、会社の問題点を共有することができます。

気になる価格は?

販売開始キャンペーン実施中
先着50社に限り
通常150,000円

100,000円(税別)

今のままのデータ分析で満足ですか?BIツールで御社のレベルを圧倒的に高めませんか?

無料資料請求はこちら

弊社がBIツールをどう利用し、社員の意識を高め、生産性を向上させたか?弊社の事例を詳しく知りたい方はこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

よくある質問

  • エクセルとの違いは?
  • エクセルはレポート作成・分析を目的としたアプリケーションではないので、ビジュアル的にわかりやすいものを作るには工数がかかります。一方、BIツールは一瞬で必要なデータを見える化できます。
  • どんな業種でも利用できるの?
  • できます。業種により必要なデータは異なりますが、打ち合わせの際にカスタマイズするので問題ありません。
  • 専用の利用端末が必要?
  • いいえ、必要ありません。現在お使いのPCでOKです。
  • Macで利用できる?
  • Macでは利用できません。
  • スマホやタブレットで閲覧することは可能?
  • 可能です。

追伸

最後までお読みいただきありがとうございます。

今までにシステム会社にシステム開発の見積りを依頼したことのある方が、このページを見ると「どうしてこんなに安いんだ?」「これで本当にまともな分析ができるのか?」と疑念を持たれた方がいるかもしれません。

なぜここまでリーズナブルにできるかというと、その答えは「汎用システム利用するから」ということになります。

つまり、一からシステムを開発するのではなく、すでに開発されているBIツールを利用するからです。

実は、世の中には高機能なのに無料で使えるBIツールが存在します(データ容量に制限あり)。

ですから、もしあなたがアプリケーションソフトの開発に詳しい方なら、それらのBIツールを自社用にカスタマイズすることができるでしょう。

しかし、ほとんどの場合、カスタマイズするだけで多くの時間を取られるでしょう。

BIツールの知識がない方であれば、最初から勉強しなければならないので、さらに膨大な時間を取られることになります。

しかし、本文中に述べた通り、会社の成長にとって重要なのはデータを作ることではありません。

いかにデータを分析し、未来への打ち手を考えるために時間を投資することが重要なのです。

そのために、御社にとって重要なデータをビジュアル的にわかりやすい形でアウトプットできるよう、BIツールを御社向けにカスタマイズするお手伝いをさせていただきます。

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

弊社利用事例を紹介

弊社がBIツールをどう利用し、社員の意識を高め、生産性を向上させたか?弊社の事例を詳しく知りたい方はこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。